栗林育英学術財団について

昭和30年代の高度経済成長のなか、月寒学院(現八紘学園)周辺の宅地化による土地の値上がりが進むに伴い、学院所有の土地の一部を売却し学院の近代化を図りました。その際の財政的余裕を何らかの形で社会に還元すべきと学院理事長である栗林元二郎氏は考えました。

そこで、北海道知事町村金五氏はじめ各界多数の方々のお考えをあわせ、日本を担う人材の育英目的にこの財源を使用することに意志を統一し財団設立を発起しました。

そして広く人材の育成を図り、学術・農業を含む自然科学を振興し、学校教育の充実に資することを目的に、昭和40年文部省の認可を得て「財団法人栗林育英学術財団」が発足しました。(初代理事長栗林元二郎)その後、主務官庁が文部科学省から北海道知事へと変更になり、新法人制度の下、平成23年4月1日に「公益財団法人栗林育英学術財団」として認可され現在に至っています。

役員

代表理事(理事長) 佐藤 昇志
札幌医科大学名誉教授
理事(事務局長) 上田 博
前北海道酪農協会常務理事
理事 勝山 晃次
元北海道立中央農業試験場副場長
理事 伊藤 満
元檜山支庁長
理事 椎谷 泰世
全国通訳案内士
理事 鈴木 しおり
北翔大学特任教授
理事 橋本 正雄
学校法人八紘学園北海道農業専門学校校長
理事 竹林 孝
公益財団法人北海道農業公社理事長
監事 濱野 節夫
元北海道信漁連融資推進部長
監事 柿崎 吉雄
元北海道信漁連信用事業強化部長
評議員 福士 誠
元立命館大学慶祥高等学校教諭
評議員 佐藤 喜吉
恵庭商工会議所金融審査委員
評議員 山口 双葉
元札幌地方・簡易裁判所民事調停委員
評議員 橋場 一行
一般社団法人日本樹木医会北海道支部顧問
評議員 岸本 量夫
信州大学名誉教授
評議員 久保 長旦
税理士
評議員 倉前 利男
元北海道農政部農政課参事
評議員 長南 史男
北海道大学名誉教授
評議員 柴口 幹男
元公認会計士
評議員 橋本 英正
元北海道総務部参与
評議員 岩田 雅子
札幌簡易裁判所司法委員
選考委員 佐藤 利雄
栗林記念館館長
選考委員 桒山 弥壽男
北海道教育大学名誉教授
選考委員 小川 克夫
元札幌市立東月寒中学校校長
選考委員 髙井 宗宏
北海道大学元教授
選考委員 秋山 敏晴
北海道科学大学名誉教授
選考委員 松中 照夫
酪農学園大学名誉教授
選考委員 長南 史男
北海道大学名誉教授
顧問 福島 清治
栗林育英学術財団前理事長

ご寄付のお願い

当財団は大学生、大学院生に返還義務のない奨学金を給付しています。
また、学術を振興するため研究者の助成とともに農業高校の活動支援や模範となった高校生を表彰しています。
当財団の活動を維持充実するため寄付金も募っているところです。税法上の優遇措置など詳細は事務局までお問い合わせください。