健やかな未来を担う志高き学生を
私たちは応援しています

栗林育英学術財団について

 昭和30年代、月寒学院(現八紘学園)の学院理事長であった栗林元二郎氏は何らかの形で社会への貢献を考案され、それを財団設立というかたちで尽力されました。

 幸い当時の北海道知事町村金五氏をはじめ各界多数の方々からご協力、ご賛同をいただき、日本を担う人材の育成を目的に財団設立が発起されました。
すなわち、広く人材の育成、育英を図り、特に学術・農業を含む自然科学を振興し、教育の充実に資することを財団の目標としたのです。

 その結果、昭和40年文部省の認可を得られ「財団法人栗林育英学術財団」が発足しました。
初代理事長には栗林元二郎氏が就任されました。その後、平成23年4月1日には新法人制度の法令改正により主務官庁が文部科学省から北海道へと変更になり「公益財団法人栗林育英学術財団」の名称で現在に至っています。